FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「毒入り餃子」の被害者が病院に500万円寄附
中国製ギョーザ中毒事件で被害に遭った兵庫県高砂市の自営業の男性(52)の家族が、治療を受けた高砂市民病院に「命を救ってもらったお礼」として500万円を寄付していたことが16日分かった。

4月1日に男性と妻(47)、次男(18)の3人で病院を訪れ、院長に手渡したという。3人は今年1月、ギョーザを食べた直後に吐き気などを訴え、同病院に入院。男性は事件が発覚した際に「死ぬかと思った」と話していた。

・・・この一家が運び込まれた際、担当医師が「農薬による中毒症状だ」と見抜いて処置を行ったお陰で一命を取りとめたようです。普通の食中毒として初期の処置をしていたら、一家全員無事ではなかったかもしれませんね。それにしても500万円の寄附とは中々出来る事じゃあありません。
スポンサーサイト
Copyright © サーフィン初心者のブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。