FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アフリカ開発会議始まる
28日に開幕する第4回アフリカ開発会議(TICAD4)で、各国首脳らが続々と会場の横浜市入りしている。5000人規模の会合だけに、宗教上の「食」の問題に加えて「迎えに行っても誰もいない」「数人のはずが10人以上来日した」などハプニングも相次ぎ、外務省や宿泊先ホテルは大わらわだ。

「空港に迎えに行ったら飛行機に(出席者が)乗っていない」。02年サッカー・ワールドカップで「大遅刻」したカメルーン・チームを思い出させる出来事に外務省職員が困惑した。52カ国を招待したが、国際会議の常で、参加国が直前まで確定しないことも一因だ。

宿泊先のホテルも悩みは同じ。会議場のパシフィコ横浜に近く、20カ国約600人が宿泊予定のヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル。金子宏之副総支配人は「予約は数人なのに、10人以上来た」と苦笑した。

最も気を使う「食」。各国首脳級については個別にアレルギーなどで食べられない食材を事前に確認した。専属シェフを同行した国には、宴会場用の調理場を1カ所ずつ貸し出している。

イスラム教徒が多いアフリカ諸国ゆえに予想外の問い合わせも。26日到着したケニア政府関係者からは「イスラム教徒向けの牛肉はどこのスーパーに売っているか」と尋ねられた。豚を食べないのは有名だが、牛や羊も神に祈りをささげてから食肉処理したものしか口にしないためだ。

ビュッフェでは普段、メニュー札に牛肉や卵といった使用食材を絵文字で添えているが、国によっては豚の絵を見せることもタブー。このため豚肉料理のみ「Pork」と表示している。

金子副総支配人は「これだけ特定地域が集まる国際会議はめったにない。多くの参加国に満足してもらえるよう努めたい」と本番に備えている。

・・・これだけの国の首脳が一同に集まるイベントも世界的に珍しいですよね。迎えるホテルも横浜市も超大変です。って言うか普通の市民も大変です。会場付近へ向かうバス電車には全て警察官が同乗し、超厳戒態勢です。

スポンサーサイト
Copyright © サーフィン初心者のブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。